MELIT

ファイバーレーザー溶接のメリット

高い精度が要求される現代の溶接において、最先端の技術として注目されているファイバーレーザー溶接。
そのメリットを大きく4つに分けてご紹介します。

従来の溶接は...

  • 抵抗溶接やTIG溶接は、
    熱歪が大きく薄板やアルミなどには不向き
  • TIG溶接は、
    光の吸収率が低いため高速で溶接することが難しい
  • 溶接後の焼けなどの仕上げに時間がかかる

ファイバーレーザー溶接のここがすごい!

01優れたビーム品質

励起媒体に広い面積のディスク型結晶を用いているので、反射光に強く、反感効率も高く、熱レンズ効果が非常に少ないので、数キロワットの高出力でも、優れたビーム品質を実現できる

02安定性と再現性

レーザー出力をリアルタイムで制御することができる出力フィードバック機能で、常に安定したレーザー光を供給し、再現性の高いレーザー加工を実現できる

03レーザー発振は2種類

CW発振のレーザーの連続発振により、ビードにむらがなく気密性が高く、優れた外観の高品質の溶接が可能。
パルス発振の波形制御により、熱影響を最小限に抑えて溶接することが可能で、薄板や、微細な形状の溶接に適しています。

04異種材、新素材の溶接

ディスクレーザーの波長領域と、反射光に強い優れた発振器構造が高反射材や異種材の溶接に対応できます。

ファイバーレーザー溶接だからできる!

ファイバーレーザー溶接を使用すれば、これらの実現が可能です。

詳しくはこちら

お問い合わせCONTACT

0566-21-2143

受付時間/8:30~17:30 定休/土日

0566-21-2143

お問い合わせ